トップ

友人たちへのお披露目会である二次会

結婚式二次会の幹事を任されたら、会場の選定や案内状の作成など多数の作業をこなすことになります。できれば上手く計画を立てて、スマートに準備を進めたいところですね。結婚式の二次会景品をお探しならこちら

BGMやタイムスケジュールなど、二次会の幹事が考えるべきことはたくさんあります。ですが、これらの要素は基本的な2つのポイントを押さえたうえで考えなければなりません。

そのポイントとは、二次会の目的とマナーです。まず、前者の二次会の目的について考えてみましょう。結婚式の二次会は、式や披露宴に招待できなかった方々に結婚した二人の姿をお披露目するためのイベントです。

それゆえに、参加者は新郎新婦の友人や会社の親しい同僚などが中心となります。新郎新婦にとっては、本当に結婚を祝福してもらいたい方々が集まるイベントともいえるでしょう。

若いカップルのための二次会なら、集まる招待客の年齢層も自ずと若くなります。ただ若い人ばかりだからといって、合コンや飲み会のようなノリで会を行うのはNG。あくまで新郎新婦を祝う会であることを忘れてはいけません。

披露宴とは違った、アットホームな雰囲気の中で新郎新婦を祝福することが二次会の最大の目的です。この点は忘れないようにしましょう。こうした目的で行う会ですから、二次会ではマナーも重要になります。

たとえば服装。二次会の案内状には「平服でお越しください」といった一文を添える場合がありますが、平服はカジュアルファッションを指す言葉ではありません。平服とは略礼装のことです。

男性ならスーツ、女性ならワンピースなどのエレガントなファッションが二次会に適しています。服装についての質問が招待客から幹事に寄せられることもあるので、的確に答えられるようにしておきましょう。以上ご紹介した2つのポイントを踏まえて、ぜひ新郎新婦に喜ばれる二次会を企画してください。